ROAD TO THE GONGEN 1

さて、後半戦。
実は、今回の登山の験を担いで、髭を伸ばしてみました。
a0040879_23362690.jpg
ワイルドだろう?
登山家みたいだろう?
ただ、めんどくさくて夏休み入ってから剃ってないだけなんだぜ~?
ワイルドと言うより、ただの不精なんだぜ~?


…失礼しました。
そういえば、スギちゃんは第12胸椎の粉砕骨折だそうですね…
飛び込んでとのことなので、椎体の可能性が高いですが、それだと下半身不随の可能性も…
無事をお祈りします。


気を取り直して、青年小屋から。
a0040879_234667.jpg
こんなルートで登りました。
この写真、去年撮ったものですが、カメラが古いので画質は悪いですね(^-^;

ちなみに、権現までは1時間半。
a0040879_2348026.jpg
なので、ちょうど12時頃登頂予定。
昼時ですね☆

早速、登頂開始!
a0040879_23495422.jpg
林の中に。

と思ったら、すぐ抜けます。
a0040879_23511763.jpg
上の写真にもある開けた部分。
標高が高いので木の背が低い。2~3mぐらいしかない。
こっから見える富士も綺麗でした(*^^)

後ろを見ると編笠山の全貌が!
a0040879_23524652.jpg
お山、って感じですね☆

で、また林の中に。
a0040879_23531390.jpg
心霊写真、撮れました!!( ̄▽ ̄;)

でも、白いのは良い霊なので、安心です。
滑落した登山者達のものでしょうか?
登山の無事を守ってくれるんでしょう。

…なんて、霊なんて一切信じてませんけどね!!


a0040879_23561294.jpg
木の背が低く、数も少なくなってきて、日差しがモロに。。
暑い! 涼しいけど、暑い!!
ジリジリと焼かれます。

で、稜線にまで出ました。
a0040879_23571387.jpg
木は背よりも低くなりました。
風が無茶苦茶強い…!!(>_<)
風が強すぎて、生えている木の枝がおかしなことになってます(^▽^;)

稜線を進むと、少し開けた峰に。
a0040879_01431.jpg
のろし場です。
昔、武田信玄の領だった頃、のろし場として使用していたそうです。
この、倒れた立て札は帰りには誰かが立ててくれていました(^-^)

ここから見える西ギボシ。
a0040879_05441.jpg

マジで怖い…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

遠くにあるのに、でかく見える、というこの気持ち悪さ。。

これだけ、画質を下げて大きいままなので、せめてクリックして大きいサイズで堪能してください。。
それでも伝わらないのが哀しい…(w_-; ウゥ・・

因みに、この岩場の右にある線が登山ルートです。

a0040879_065895.jpg
分かりにくいですが、この先は断崖絶壁です。。
足場が悪くて怖かったので、下は撮れませんでした…

a0040879_083366.jpg
因みに、稜線はこんな感じで蝶の楽園。
蝶とかトンボとか、強風の中飛びまわってました(^▽^;)
凄いですよ、彼らは。

a0040879_091736.jpg
写真の恐怖の岩場を横から。
足場は
a0040879_036168.jpg
こんな感じの岩だらけ。
これがガチャガチャ動いて超不安定!( ̄~ ̄;)

気をつけて登っていくと、
a0040879_0125762.jpg
岩の階段が出てきました。
だいぶ歩きやすくなります。C=(^◇^ ; ホッ!

しかし、斜度は増してきて、こんな感じに。
a0040879_0501453.jpg
もう手を使わないと登れません。
つーか立てません。

そのまま登っていくと、
a0040879_0134072.jpg
遂に人生初の鎖場に!
まぁ、鎖があるから超安全ですけどね。
ここから、西ギボシ、東ギボシのトラバースルートに。

トラバースとは、山で横に移動することです。

因みに、登ってきた岩場はこんな感じ。。
a0040879_04011100.jpg
これ、下にも人がいるんで、ちょっとは分かりますかね?
大きな写真にしてあるんで、クリックして見てください<(_ _)>
こんな感じの斜面を登ってきました(^▽^;)


さて、ここからのトラバースルート。
如何にして克服するか。
アップしたい写真が沢山なので、ここでまた一区切り。
東ギボシ~権現岳登頂まで、もう少し!!
乞うご期待!?
[PR]

by crasher_gomes | 2012-09-02 00:42 | ホボニチ