日本シリーズ終了!!

.☆.+:^ヽ(∇^*)o【♪祝・日本一♪】o(*^∇)ノ^;+.☆.

北海道日本"一"ファイターズ!!


いやぁ~、素晴らしかったですね!!
やはり北海道のファンの力は凄かったです!(*'▽'*)

転機は第2戦!
中日が守備のミスからの逆転負け。
あれで日ハムは勢いに乗っちゃいましたね。(*^^)
やはり短期決戦、勢いが全てです。

しかぁ~~~し!!(`□´;)
今日は哀しいことが2つあります。。(ノ_・、)

1つ目…
今、家のテレビが壊れてます…Σ(T□T)

なんで、優勝シーンはおろか、新庄の胴上げも、ヒルマン監督の胴上げも、ビールかけも…
全部見られません!!( p_q) シクシク...

2つ目…
今度のは真面目なものです。。

今日、自分の一番好きな選手が引退しました…(ノ_・、)シクシク

新庄じゃありませんよ。

もちろん新庄選手も無論好きな選手ですが、
自分が一番好きな選手とは、犠打世界一川相昌弘選手です。
バント職人、いぶし銀、ミスター2番…
自分の子供の頃、巨人を支えた名選手です。

バントという地味な技術。
決して目立つものではありません。
個人記録も日に当たりません。
決めて当たり前…それがバントの宿命です。

しかし、チームにとって、勝負の流れにとって、これほど重要な技術があるでしょうか?
自分を犠牲にして、ランナーを次の塁に進める。
それだけで、得点圏にランナーが進み、相手チームに計り知れないプレッシャーを与える。
時としてホームランよりも大きな重圧になります。
滅私奉公。
それが自分の川相選手に対する印象です。

試合を決定付けるホームラン、タイムリーヒット!
しかし、それを演出するために、バントが絡んでいることが少なくありません。
注目されるのは、決定打。
決めて当たり前のバントは、決して日の目を見ません。

道端に咲くスミレのような、地味で目立つことはない。
されど欠かすことは出来はしない。
そんなバントを、世界で一番多く成功させてきた川相選手。
地味な技術を黙々と練習し、身に付けたその技術は、神業と呼べるものです。
川相選手の記録は、少なくとも50年先まで破られることはないでしょう。

楽天の野村監督は現役時代、王・長島と比べて自分を"月見草"と評していました。
しかし野村監督は、ホームランバッターとして素晴らしい記録を残しています。
一般の選手から見れば、王・長島となんら変わらない、そんな選手でした。
自分は、川相選手こそ、"月見草"であると思っています。

バントを決めても日の目を見ず
人知れず努力し
ただただチームのために努力し続ける
そんな川相選手が大好きです。

川相昌弘選手

24年間の現役生活、お疲れ様でした!!

(;д;)ノ~''。・゜゜・おつかれさま~・゜゜・。

[PR]

by crasher_gomes | 2006-10-27 00:15 | ホボニチ