実用きんに君

躰道で真面目なのを書こうかと思ってたんですが、せっかく筋肉で盛り上がってるので、
また筋肉について書きます。。(^▽^;)

今日のお題は、
実用的な筋肉! 第1弾
と言うことで、今日お話するのは…
前 鋸 筋 !!

さてさて、この前鋸筋、ゼンキョキンと読みます。
まぁ、それぐらいは、一般常識としてもいいですね。。
場所は、HYKSブログの、チクショウ会での男子団実恒例
"今年も一年間、頑張って鍛え上げた肉体アピールタイム"
の写真にある、ヘッド先輩のを見るとよ~~く分かります!(Д)
きれぇ~~に、前鋸筋、外腹斜筋、腹直筋が分かれてるのが、見て取れます!( ̄∇+ ̄)

しかし、名前と場所が分かるだけでは、マッスルマニアとしては物足りない…
大切なのは…作用です!

ではでは、この前鋸筋は、どこからどこへ繋がってるんでしょうか??

実は、前鋸筋は、肩甲骨の裏側(前側)の内側縁(背骨側)から、肋骨を沿うように前面にきて、外腹斜筋の筋膜(筋肉を覆ってる膜)に繋がっています。
前鋸筋と外腹斜筋は、帯状の線維で構成され、繋がる部分でちょうど噛み合うようになっています。

筋肉の起始・停止が分かると、作用も簡単に分かります(^ー^)ノ
つまり、この筋肉が収縮すると、肩甲骨と腹筋が近づく…
つまり、肩が前の方に移動する、ということになります。
で、肩が前に出る、ということは、どういうことかと言うと…
突きで使われると言うことになります!
つまり、とっても重要な筋肉と言うことですッ!!(`□´;)

皆さん、頑張って前鋸筋を鍛えましょ~!!(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!
[PR]

by crasher_gomes | 2006-11-11 00:02 | ホボニチ