<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ROAD TO AKADAKE part2

ようやく山に入りましたが、こっからが本当の登山スタート。
て言うか、まだ2合目ですし、余裕です♪


なんていうのは嘘で、、、
a0040879_2311485.jpg
初っ端から結構とばしてくれます。。

a0040879_23125211.jpg
斜度こんなだし。。


でも20分ほど歩いていると、赤岳が見えてきます!
a0040879_2316154.jpg
少し近付きましたね!
ダムのある谷を挟んで左側から登るのが、真教寺尾根ルートです。
頂上近くがきつそう…


a0040879_23182677.jpg
まだまだ斜度はキツイですが、歩きやすくはなりました。

で、時たまこんななだらかな道が☆(*^▽^*)
a0040879_23194356.jpg
尾根らしい道ですね♪
斜度がないだけで、こんなにも楽なのか!!ってぐらい楽(o^∇^o)ノ


でもまた急登。。
a0040879_23223554.jpg



登山口から歩いて40分。
ようやく小天狗まで到着。
a0040879_23244717.jpg
ここで3合目。。
でも、予定よりも早く着いちゃいました!
あまり休まずに登っちゃったからでしょうかね?
もう少し休憩を増やしても良かったかも。

ここから少し進むと、展望が開けます!
a0040879_23312819.jpg
山に登っててこの森が開けるときが好きです(*^-^)

a0040879_23324299.jpg
少し雲があったので、綺麗な雲海…!
しかもそこに浮かぶ富士!!
もっと上まで登って、木がないところで撮りたいですね。。

ここから少し先に行った場所に更に開けたところがあります。
a0040879_22581131.jpg
これはいい眺め!!

a0040879_2315269.jpg
いい眺め二連発!!


ここでしばし休憩。。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
次のポイントは大天狗。
ここから1時間20分の予定です。
まだ道半ば!

a0040879_2385931.jpg
で、再出発!
ここから少しなだらかな尾根道。


a0040879_2326324.jpg
大なぎ頂ですって。
頂上まであと2.8km!
平地なら、30分ぐらいで着いちゃいます!!
…平地なら、ね。。


a0040879_23334989.jpg
でも尾根道は結構なだらかです(*^^)

a0040879_23352382.jpg
鹿の糞です。

a0040879_23515793.jpg
だいぶ標高が高くなったので、日陰が少ないです。
つーか、、、暑い…
暑い、暑い…(;´д`)ゞ
ジリジリ焼けてきます。。


a0040879_00022.jpg
ようやく4合目到達!

まだまだ序の口。
To be continued!

[PR]

by crasher_gomes | 2013-08-27 23:27 | ホボニチ

ROAD TO AKADAKE

さてさて、行ってきました、八ケ岳。
ちょ~~長いんで覚悟してお読みください。。

昨年は権現を制覇し、今年は別の山にでも行こうかな~?なんて浮気心も出てきて、
甲斐駒ヶ岳に挑戦しようかと思ってみましたが、宿が既にいっぱい。。
残念…( ̄~ ̄;)

その時、便利なサイトを見つけて、色んな山を調べました。
もし登山を考えている人は是非参考に!(*^^)
日本アルプス登山ルートガイド
ここで、色んな山を調べて、今後の計画を立ててます(-_☆)キラーン


で、このサイトで赤岳を調べると、日帰りが十分可能なルートがありました!
難易度は10段階中の5~6!
前回登った権現だけは10段階中3…( ̄Д ̄;;
ちょっと難易度上げすぎかなぁ。。
でも、ちょっと難易度の高いところに挑戦したい気もするので、頑張るか!という感じで。

2ルートあって、真教寺尾根ルートと県界尾根ルート。
真教寺の方が6レベルで、八ケ岳最難度ルートなので、パス。。
でも県界尾根ルートは、八ケ岳で第2位の難易度ルートですが…(^^;;



今回は、かなり気合を入れて登らないと、本当に危ないので気合を入れて登りました!

前日に出発。
14時頃には長坂ICを降りました。
この日はあまりすることがないので、、、
山梨正統館を探す旅に出ました☆( ̄m ̄* )ムフッ♪

昨年、範士等大会において一度だけバイクで行った記憶を頼りに、車を走らせる。。


………

走れども、走れども、正統館見つからざり。。じっとナビを見る…(-_-;ウーン


走り回って、なんかそれっぽい道まで来たんですが、それでも見つからず。
16時近くなってしまったので、もう諦めて帰路につきました。
登山の翌日にでも探す事にしよう。。( ̄~ ̄;)


と、その帰り道で発見!!ヽ(*'0'*)ツ
a0040879_2241855.jpg


どうやら、西に行き過ぎていた模様。。
勘違いで、高速の西側だとばかり思い込んでました…(^▽^;)

この日は少年少女大会・高校生大会を2日後に控えていたので、空いてませんでした。。
なんで、向かいの神社?で、、、
a0040879_22103194.jpg
定番です。


とりあえず、初日の目的(?)は達したので、帰宅。
食事を取り、翌日の準備を済ませて、21時に就寝。。


翌日、4:50起床。。( ´ρ`)。o ○
難ルートなので、時間に十分余裕をとって、6時スタートを予定してました。

予定より少し遅かったですが、5:45に出発!

なんか、曇ってる??( ̄Д ̄;;

登山にとって、天候は一番気にするところ。
特に、雨だと岩場や鎖が滑って、滑落の危険性が大いに増します…
さらに雷なんて、山で合ったら死を意識します…
2年連続天候には恵まれましたが、今回はマズイかも。。(ーー;)

a0040879_22182448.jpg
この先に八ヶ岳があるんですけどね。。

でも、この感じ、曇りってより朝もやっぽい。
だとすれば、まだまだ望みはある…!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!


走っているうちに、だんだんもやが切れて、晴れてきました!!ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
やっぱり日頃の行いがいいからですね☆('-'*)フフ

で、今回の登山口に一番近い駐車場、『サンメドウズ清里スキー場』の駐車場に到着。
a0040879_22233960.jpg
青空見えてきました☆(*^^)
だだっ広い駐車場にポツン。。
ここは、夏場も開放していて、リフトで頂上まで上がれるそうです。
で、頂上から赤岳を目指すコースもあるそうです。

駐車場から見える赤岳。
a0040879_22265160.jpg
ずいぶん遠く感じます。。


車を駐車場に止めたら、道に戻って登山口目指して上りだします。
予定よりわずかに遅れましたが、6:15に出発です!
a0040879_22255890.jpg
ここからスタート!

10分くらい歩くと、
a0040879_22305811.jpg
3台ほどとまってます。
ここにも駐車スペースがわずかにあるという情報がありましたが、やっぱり止まってました。
まぁ絶対早くに来て止めてるだろうから、清里スキー場に止めたんですけどね。

このすぐ先が登山口!
ロータリーになってます。
a0040879_22321616.jpg
右手奥が登山口です。

a0040879_22332016.jpg
ここから、八ヶ岳第2の難度を誇る県界尾根コーススタート!!


a0040879_16472688.jpg
スタート地点。
なんか車のわだちがあります。

少し進むと、、、
a0040879_1648064.jpg
なんか、ダム。。
a0040879_16484882.jpg
明らかに舗装された道。
なんか山登りっぽくない?

もう少し進むと、、、
a0040879_1650593.jpg
こんなん出てきます。
土石流防止用のものでしょうか?

a0040879_16523863.jpg
微妙に舗装跡があったり、

a0040879_16532013.jpg
岩場が出てきたり、

a0040879_16535838.jpg
また綺麗に舗装されていたり、

なんなのこの道。。( ̄  ̄;) うーん


なんて思ってると、
a0040879_1657116.jpg
ダム!

なんか、平成12年度の治山事業によるものだそうです。

ちなみに、写真はありませんが、ここの近くに真教寺尾根ルートへの分岐があります。


そのままちょっと進むと、
a0040879_1752789.jpg
登山道入り口到着!

って、まだ登山道じゃなかったんかい!!(`□´)


気を取り直して、登山スタート!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
a0040879_1710771.jpg
道も登山道らしくなりました。
ちなみに、ここまでかかった時間は、標識通り40分。
標識を目安に登りたいと思います。
とりあえず、次の目標は「小天狗」まで1時間。

始めは笹の道。
そのまま進んでいると、
a0040879_17131130.jpg
県界尾根コース 10-2
この登山コースの2合目ってところでしょうか?
1合目の看板は帰りにも探しましたが、見つからず。。
とはいえ、いい指標になります!(o^∇^o)ノ


笹の道が山に入って、本格的に登山がスタートします!
a0040879_1712096.jpg
しょっぱなからちょっと急そうな予感。。


で、山に入って、最初に出会うのがこれ…
a0040879_17194561.jpg
ちょっ、熊の爪痕…(((;゚Д゚)))ガクブル
間違いなさそう。。
熊ってこういう風に爪痕つけて、縄張りを示すそうです。
ツキノワグマだろうけど、まじで怖い…
こんな強力な爪で一撫でされたら、ひとたまりもありません。。
まぁ、真新しい痕じゃないんで大丈夫でしょうけど、やっぱり心配。。

なので、シミュレーションを。

やっぱり熊と闘う際は、狙うは鼻っ面か目しかないですね。
突進力もありますし、手も使えるので、間合いが難しそうですが、うまく回り込んで…
…て言うか、会いたくないです。。


歌いながら登ることにしました。。♪(*´○`)o¶アル~ヒ~~モリノ~ナ~カ~♪


a0040879_17374443.jpg
さて、こっから本格的な登山がスタートします!


いつ熊との遭遇、対戦が実現するか、震えて待て!!!

[PR]

by crasher_gomes | 2013-08-24 17:41 | ホボニチ

世界大会結果報告

ご報告遅れました。
世界大会の報告です。

個実、初戦敗退!! (|||ノ`□´)ノシャー

…(;_ _)

……

…………俺のこの4年間って……(w_-; ウゥ・・







団実のためにあったのだ!!!ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
a0040879_19572396.jpg
団実JapanAチーム優勝!!!
(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/(゜ロ゜)/オォー


ほんっとうによかった。。
まぁ勝ちきれた試合はないけれど、負けなしだったので、何とか貢献できたと思います。(^-^;
でも、ぶっちゃけ他の選手にだいぶ助けれられての優勝ですけどね。。


今回の最大の難点は、

とにかく、滑る滑る…Σ(- -ノ)ノツルッツルデンガナ...
自分の運足が悪いんでしょうか、自分だけやたらと滑る。。
なので、持ち味の運足での攪乱戦法を変えざるを得ませんでした…( ̄~ ̄;)
というか、切り返しが生命線の自分に、切り返しを使わずに闘えというかなり厳しい条件を突きつけられてしまいました。。
でも、条件はみな同じ!
この条件内で如何に闘えるかが大切!!
なので、考えに考え、動くと滑るならば、動かざること山の如し戦法に!


当日の個実の初戦は、いきなりフィンランドのエース、ヨーロッパチャンピオンのコホネン。
外国人には珍しい待ちの選手。
そういえば、4年前も当時のヨーロッパチャンプのヤミ選手とやりましたね。
そのときは、注意勝ちという微妙な内容でしたが、今年もチャンプと当たるとは、変な運があるんでしょう。。

試合は、待ち同士の泥仕合…(ーー;)
こういう選手には、運足での攪乱が必要なんですが、それが使えない…
持ち駒が無い…( ̄Д ̄;)
環境によりあっさり底の浅さを露呈するワタクシ。。
泥仕合の末、半月が腕に当たり、有効を取られて敗北…

こんなんで、個実が終わるとは…(_ _;)


なんか、あんまり納得いく敗戦ではなかったので、ある意味すっきり切り替えられました。

団実の初戦はスウェーデン!
若手中心とのことでしたが、、、デカい!( ̄▽ ̄;)
まぁ分かってることですけどね。

初戦は、試合慣れした個実メンバーが先鋒に出ることに。
で、自分が指名されました。
向こうは、どうもベテランっぽい感じの褐色の選手。
でかいよ…

とにかくあまり動かず(動けず)、やりましたが、やっぱ足長い…
卍が来たので、かわして入り込もうとしたら、返し蹴りが伸びる伸びる!
思いっきり水月に蹴り込まれ、内臓に響く…
足だけで蹴ってるのに、この重さときたら…(><。)
今まで躰道やってて、ここまで効いた蹴りは、ほとんどもらったことはありませんでした。
呼吸を止めないと我慢できませんでしたよ。。
この蹴りのせいで、一日中、内臓に違和感がありました。
しかも、大会終了後、筋肉撮影会で腹筋がつりそうになる事態が起きましたし…
恐ろしいです。。

で、腕に当たった卍を取ってもらい、優勢勝ち。
とりあえず、初戦は他も勝って5-0で勝利!

次戦は、地元フィンランドBチーム!
前と一緒で、Bチームにヤミやコホネンが入っているメインのチームです。

ここで先鋒交代で学生チャンプのN佐が行き、終始攻め続けるも最初にうまいこと技をとられて優勢負け。。

次鋒で取り返すべくI先生、昨年全日本でマルコ先輩に勝ったカズさん指名!
しかし相手は今大会の個実決勝進出者ヤミが登場!
カズさん流石の実戦で、有効+技有りで勝利間近まで来たところで、、、まさかの逆転一本負け…
最後の最後で、隙を突かれてしまいました。。

もう後の無くなった日本…
JapanAチームは決勝進出を決めていたので、ここで負けたら彼らよりも下ということ。。
負けられません…!!

中堅は取らなきゃ負けるので、ここで決勝進出者(後の世界チャンプ)アヴィー(フィンランド名アブラ)。
堅実に決めて、優勢勝ち。
まずは一勝。ε=( ̄。 ̄;)

副将もマルコ先輩で取りに。
こちらが先攻だったのでフィンランドチーム、コホネンを大将に回してきました。
正直、『このやろう…』と思いましたね(-_-メ)
ここは見事に一本勝ち。

これで2-2のタイ!
内容も互角です。

ここで大将戦。
こんなところで初の大将戦です。。
全員に背中に気合いを入れてもらいました。
歩いて入ろうか一瞬迷いましたが、やっぱり自分は前転で!
構えるまでの間、背中の痺れが熱く感じ、繋いでくれた仲間達の想いをヒシヒシと感じました。

自分に必要なことは、とにかく負けないこと。
コホネンは、攻めのタイプではないので、引き分けを取るのは難しくはないでしょう。
でも、個実で負けた相手。
ここは何としてもリベンジを果たしたい!
当日に雪辱できるチャンスがやってきたことが、実に嬉しかったです。

構える瞬間、背中の痺れも、会場に響く歓声も、一切なくなり、世界にコホネンと二人きり。
実に楽しかったです。
最後は喰らいついて、もぎ取った勝利!
優勢勝ちですが、確かな勝利!
日本Aチームを決勝へと導けました!


…まぁここが自分のピークです。。
決勝は山梨+愛知の星チームの日本対決!
前回はオールスターチームが山梨を破って世界一に。

先鋒はN佐vs愛知の星。
いい勝負をするも、上手く技を取られ優勢負け。。
N佐は顔に似合わず弾丸躰道。
運足で攻め、体ごと相手に技をぶつけていく、アグレッシブな躰道です。
そういえば、団実の面子はみんな躰道暦10年以上。
その中であれだけの試合をしたのは、今後が楽しみで仕方ありません(*^-^)

次鋒で自分が出て、タックンと泥勝負。。
互いに警戒しすぎ、読み合いに次ぐ読み合い…
フェイントに次ぐフェイント…
何故か体が勝手に飛び旋を出したり、ちょっとタックンの空気に呑まれてしまいました。。
あまりいいところがなく、引き分け…
最低限の仕事しかできませんでした。。

中堅、カズさんvsミノッチ。
カズさん技有りを取って優位に試合を進めるも、最後の最後で取り返され引き分け。。

副将ではアヴィー(フィンランド名アブラ)vsリャン。
同期対決をアヴィー見事に一本勝利!!

大将は、我等がマルコ先輩vsイタヤマン。
世界ボウズ対決!
何度となく闘っている二人ですが、開始早々高速ロケット卍が決まり、マルコ先輩優位に!
これはいけるか!と思いきや、流石イタヤマン。
しっかりと持ち直し、そこから素晴らしい勝負!!
共に幼少より躰道をしてきた二人、基本がしっかりしていて、本当に高度な試合をしていました。
時間終了が近付いてきたときに、イタヤマンの半月が決まり、引き分け!

1-1でしたが、内容差でオールスターチームの勝利!!
本当にギリギリの試合でした。。
なんか、個人的には気持ちいい優勝ではありませんでしたが、
でも金は嬉しい!!!O(≧▽≦)O


a0040879_228417.jpg
本当に有難うございました!!


自分の不甲斐無さに凹みもし、汚名返上できてホッともし、いろいろ感じた世界大会が終わりました。
やっぱり世界大会は感慨深いですね。
この半年、躰道ばかりしてきましたが、まだまだ足らないところばかり。
日々精進、日々躰道。
少しでも成長できるように、これからも稽古に励みます。

最後は筋肉撮影会!!
a0040879_22114266.jpg
このとき、腹筋が攣りそうでやばかったです。。団実初戦のあの返し蹴りが…
なんで、あまり腹部を締められず…
本当はもう少し締まってるんですよ。。



世界大会番外編は、後ほど忘れた頃に出てきます(^▽^;)
[PR]

by crasher_gomes | 2013-08-10 22:10 | 躰道記