<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

突然ですが、、、

自分には、尊敬するスポーツ選手が何人かいます。
その中で、為末大は考え方など、共感する部分が多く、一番好きな人です。

そんな為末大のツイートが物議を醸しているそうです。

「成功者が語る事は、結果を出した事に理由付けしているというのが半分ぐらいだと思う。アスリートもまずその体に生まれるかどうかが99%。そして選ばれた人たちが努力を語る。やればできると成功者は言うけれど、できる体に生まれる事が大前提」

当然のことだと自分は思います。

万人が努力次第でトップアスリートになれるのか?
絶対に無理です。
県大会レベルすら難しいと思います。
何故、日本人は、アジア最速であっても、世界の黒人選手と比べると、圧倒的に劣るのか?
それは、身体の作りが違うからです。
それらは、遺伝子で決まってしまうシビアな話です。
足の長さが、身長が、速筋の割合が、ホルモンの分泌量が、、、それらは生まれる前から遺伝子によってある程度決められてしまっています。
室伏選手がハンマー投げであれだけの成績を収めてきたのは、母親がルーマニア人であることが大きいんです。
そのベースに、膨大な努力量が乗っかったことで、あれだけの記録を作れたんです。

では、何故為末は批判されるのでしょうか?
それは、努力しても無駄だと歪曲している人が多いから。
努力すれば己の限界に挑むことはできる。
でも、努力したからといって、トップに立てるわけではない。
優れた才能があり、同じ努力をしている人には、かなうことはない。
アスリートという、身体能力が結果に大きく結びつくものだからこそ、それはより顕著に現れると思います。


躰道ではどうでしょうか?
やっぱり、勝てる人は才能があると思います。
言われたことをすぐ出来る能力。
真似をする能力。
単純な身体能力。
同じ風に教えても、同じ稽古をさせても、吸収力の違いは必ずあります。
その違いは、やっぱり大きい。
もちろんその上に、人並み外れた努力がなければ、勝てません。
でも、誰でもトップ選手になれるわけではありません。

ただ、躰道とは、武道とは、試合で勝つためにあるのではなく、己を磨くためにあるので、やっぱり努力が一番大事です。
勝つのではなく、克つ。
自分に克つ力を付けることが武道の最大の目標です。
[PR]

by crasher_gomes | 2013-10-28 21:12 | 躰道記

両神山山行録 その2

これは、また結構長いものになりそう。。
今回では終われません…(^^;;


小休止したらまた下り、
a0040879_13215865.jpg


また登ります。。
a0040879_13221970.jpg

こっから先はずっとこの繰り返し。。
登っては下り、下りては登る。
両神山八丁尾根の真骨頂!(ーー;)


少し開けたピークから、通ってきた道が少し見えました。
a0040879_13241569.jpg
ヘアピンカーブ!!


次のピークは目の前。
a0040879_13255816.jpg
当然のごとく鎖場です。(^▽^;)

そして当然、登ったら下りる!
a0040879_13275324.jpg



そして、下りたら登る!!(;`O´)o
a0040879_1328303.jpg
今度のは、、、
a0040879_13283461.jpg
結構な岩壁です。。
少し足場が頼りないので、鎖を使って登っていきます。

これを越えると行蔵峠。
a0040879_13315428.jpg
八丁峠から700m。。
ここまで30分強…(-_-;)
山では直線1kmを30分と考えているので、それだけ鎖場が多くて時間を取られたってことでしょう。
ここからまだ1.9kmもあります。。(^^;;

登り始めて1時間20分。
まぁまずまずのペースです。
とはいえ、一体この記事はいつ終わるのか?

あと2回は続く、自己満足登山記!!
To Be Continued...
[PR]

by crasher_gomes | 2013-10-24 13:38 | ホボニチ

両神山山行録

さて、続きをば。

八丁峠からスタート!
a0040879_22141979.jpg
相変わらず、登山道が分かりにくい…

ちょっと進んでいくと、
a0040879_22155797.jpg
なんか鉄塔の跡でしょうか。

さらに進むと、
a0040879_22194989.jpg
岩登場(*^▽^*)

まだまだ鎖はいらない程度。


a0040879_22222240.jpg
木の根が足場となり、ホールドにもなります。


さて、そんなこんなで、ところどころに斜面が出てきたり、尾根道になったりで、八丁尾根のウォームアップ。

八丁峠から10分ほど進むと、
a0040879_22242751.jpg
こんな看板が!

その先には、
a0040879_22262745.jpg
また軽い鎖場登場。
でも、ここからが”鎖場王国”の本場です!

ここから少し下って、また鎖。
a0040879_23211255.jpg

そしてまた鎖。
a0040879_23235359.jpg


ここのあと、少し進んでいくと、少し小さなピークに。
a0040879_23271286.jpg
ようやく開ける…!

a0040879_23304179.jpg
頂上は少し開けて、軽く休める程度のスペースです。
景色はまずまずの眺め。
でも、空気が澄んでればもっと遠くまで見られたのに。。

ここで小休止して、水分補給。
a0040879_2324364.jpg
だいぶ紅葉が進んできています。
ちょっと一息。。ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

で、2,3分休んだら再出発!!


こんな感じのピークが、このあと続く続く。。
8つ頂があるかと思いきや、10以上軽くあります。(^▽^;)
先はまだまだこんな感じ。
a0040879_23321474.jpg
どこが山頂??

とりあえず、八丁峠からまだ600mほどしか進んでません…(^^;;
[PR]

by crasher_gomes | 2013-10-21 22:34 | ホボニチ

ツーリングからの登山記

秩父山中、両神山(りょうかみさん)に行ってきました。

某登山HPで見つけた山ですが、なんでも”鎖場王国”だと。
結構有名だそうで、日本百名山にもなってるそう。
難易度は、10段階中5。
夏に行った赤岳と同じ。
楽しそうです(*^^)

どうやって行くか、迷ったんですが、場所が今年の合同夏合宿で行った小鹿野の先。
バイクで3時間ぐらいのところだそうです。
登山の参考時間が5時間ちょっとだったので、12~13時間で日帰り可能。。( ̄~ ̄;) ウーン


…悩んだ末に、決行!!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
国体の関係で武道館使えないし、全日本前のぽっかり空いた祝日を、有意義に使おうと思い決意!


とはいえ、装備をどうするか。。
車だといいんですが、秋の時期のバイクはジャケットは必須。
山に登るのであれば、水分・軽食・防寒具・防水用上着などは必要。
何よりも、ジャケットどうやって持って登るか。。

こんなとき、山用リュックがあればいいんですが、無いためバイク用リュックで代用。
後に山用リュックを買っとけばよかったと、激しく後悔する事態に…(-_-;)


まぁそんなこんなで、装備を整え、ルートを確認し、タンクバッグは持っていけないので、往復のルートを印刷してジャケットのポケットの中に。

…準備に時間がかかり、前日は1時ぐらいに寝ることなってしまい、4時起床を遅らせる破目に。。(^^;;


翌日、5時に目が覚めるも、起きられず…
なんとか5:20に起きる。
でも意外に頭はすっきりして、6時過ぎに出発。
…しようとしたら、寒すぎッ!!(((=_=)))ブルブル
冬用装備にして、再出発。。
出発が遅れ6:40に。
そして、、、荷物が余計に増える…


道は、所沢まで行ったら299号に乗って、そのままず~~っと。
そこまで空いてはいませんでしたが、特に問題なく小鹿野まで。
合宿で使った体育館を横に見て、山に入っていきます。
ツーリングの人たちの多いこと。。

で、山道はウネウネしまくり…
こりゃバイク好きには堪らんでしょうねぇ。

こんな山奥に家があんの?!ってとこに集落があったり、なかなか凄い道でした。。
途中のトンネル手前で小道に入り、299号とお別れ。
その先にも登山口があるんですが、今回はこちらから。

入った先から、さらに凄い山道。。
途中で両神山が見えます。
a0040879_1383077.jpg
ずいぶんギザギザなんすね。。

その道を8km以上(!)進むと、駐車スペースが登場。
a0040879_138813.jpg
ここが登山口です。
9:40着。
ちょうど3時間。
調べでは、3時間半だったので、バイクの力ですねぇ。


駐車場にバイクを止めて、準備準備。。
ツーリングライダーも何人かいましたが、「何してんだこいつ?」って視線を感じながら、ジャケット類を脱ぎ、リュックに詰めて、不必要なものはメットに詰め込みバイクに取り付けて、山用装備に身を固めます。

a0040879_13151357.jpg
登山口はこちら。
登山口横の工具箱みたいなボックスに、登山計画の届出書が入っているので、記入してボックスに入れておきます。


さて、ようやく登山開始!
a0040879_13153387.jpg
10時過ぎにスタート!

登り始めて1分
a0040879_13193292.jpg
最初の鎖場!( ̄Д ̄;)ハヤッ!

まぁまだまだ序の口。
全く大したことないですが、
a0040879_13222373.jpg
まだ続く。
a0040879_13222656.jpg
ここまで。

いきなりの鎖場で、ウォーミングアップ。
a0040879_13231212.jpg
登り始めて2分でこの高度。。
これからの道程を物語るような初っ端の鎖場でした。

ここからは、少しなだらかになって、山歩き。
a0040879_13264640.jpg
道が少し分かりづらいんですよ。。(^^;

と、ちょいちょい鎖場。
a0040879_13264092.jpg
でもまだまだ。


落ち葉のせいなのか、道が本当に分からん。。
a0040879_13275838.jpg


a0040879_1328825.jpg

どちらも右上に道が進みます。
赤いテープの指標が無いと、まず無理。。
迷いながら赤テープを探して歩いていきます。

a0040879_13324650.jpg
少し行くと、山を右手に左手は崖。
岩肌に鎖がついているので、安心して進めます。
まぁ持たずに進めますが。

また小手調べの難所。
a0040879_13332650.jpg
(過ぎたところから後ろに撮ってます)
足場がしっかりしてるんで、大して怖くありません。

a0040879_13353258.jpg
そこそこアップダウンがあります。

途中、分岐がありますが、八丁峠目指してひた進みます。
a0040879_1337179.jpg
ここから5,6分で八丁峠です。

a0040879_1338112.jpg
八丁峠到着!
登山口から30分弱。
写真撮りながらだと、どうしても時間がかかっちゃいます。。(^-^;

ここは、上落合橋というところから登ってくる方との合流地点。
4,5人いました。
単独で来てるのは、自分ともう一人の中学生ぐらいの子でしたね。
彼とは、後で再会することに。

ほんの少し休憩を取り、進みます。
a0040879_13414513.jpg
4つぐらい道が分かれているので、どれが両神山に行くのか、間違えそうになりました。。(^▽^;)
ちゃんと標識見ましょう!

ちなみに、この標識のそばに、、、
a0040879_13431545.jpg
だそうです。
楽しそうですね♪(* ̄ー ̄)


とりあえず、今回はここまで。
山頂まであと2.6km。
脅威の鎖場王国に入国します!
[PR]

by crasher_gomes | 2013-10-17 13:44 | ホボニチ