人気ブログランキング |

突き蹴り

躰道をやっていて、今の若い選手たちで気になるのが突き蹴りの弱さ。
なんで鍛えないんだろうか。
連休中、特に出かける予定がないので、武道館で一人サンドバッグをボコボコやってきて、満足して帰ったんですが、今の選手はあまりこういうことしないのかな?
実戦が好きな選手はするんでしょうけど、法形が好きな選手ほどしっかりとやらないといけないと思うんですよ。
でも、やってそうな選手があまりにも少なく感じます。
躰道の技って、体操作を行って突き蹴りを出すんですけど、そこには威力を上げる目的があると思うんです。
躰道は「小能く大を制す」で、小さい人が大きな人に勝つにはどうしたらよいか、を考えている武道だと思います。
小さい人間は、攻撃力は少ない。
大きな人間を倒すには、その攻撃力を上げていかないといけない。
体操作を用いて、威力を増していき、更に体操作中の隙を防御しながら行うことで攻防一体を成していると思っています。
であれば、威力がない技は躰道の技としては不完全。
威力を出せるように練習をしていかなければならないと思います。
それなのに、突き蹴りの威力を判定していない現状は如何なものでしょうか。
身体ごとぶつけるように技を出すので、当然威力は上がります。
それを制御する力を付ける必要もありますが、今の法形を見ていても、制御しているのではなく、力を出していないだけでしかない。
それなのに、大会の上位陣は皆そういう力のない法形を行っている。
如何なものなのかなぁ~

運足も同じで、大きな人間と闘うには、正面でぶち当たっては跳ね返されるだけなので、回って動いて、的を絞らせないことが必要です。
運足で円運動を行うことはそのためにやっていると思います。
そこから運足の勢いを使って技に繋げていき、更に威力を上げられるようにと考えて練習すると、より良いものが出せると思うんです。
自分はそうやって練習をしているんですが、試合では威力を出さないように、怪我をさせないように、と言うことばかり注意されていて、躰道の武道として必要なことの真逆を指示しているため、なんだかなぁと思っています。
怪我をしないさせないは大切かもしれませんが、武道やっているので怪我は付き物。
それを恐れてはなにも出来ないと思います。
格闘技ではないですが、弱い武道とならないようにはしたいですね。

by crasher_gomes | 2020-09-24 10:24 | 躰道記