人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ぶどうのジベレリン処理

ぶどうが、出来てきてます(*´ω`*)
ぶどうのジベレリン処理_a0040879_13564579.jpg

ぶどうのジベレリン処理_a0040879_13564646.jpg

現在、3房あります。
ちょっと少なめですが、、、

これには訳があって、栄養を集中させて実をしっかりと育てるために、芽かきをして枝を減らしたことが一つ。
8つほど枝を残したんですが、残した枝には実がならないのがほとんどでした。
どうやら選別を失敗したようです(-_-;)
どういう具合で違うのか、分かりませんでした。
まぁ、これも経験経験!
来年は、花穂が出てるかどうかで選別してみますかね。

あと、本当は5房あったんですよ。。
ぶどうのジベレリン処理_a0040879_13564615.jpg

ジベレリン処理をしていたら、根本から取れてしまいました…(_ _;)
ジベレリン溶液を入れている器が深すぎて、実を押さえて漬けようとしたら、ポキッ!っと。。
簡単に折れてしまうんですね…
以後気をつけます。。(-_-;)

花が満開になってから10日後、2回目のジベレリン処理が待ってます。
その後は実が育ってきたら袋がけ。
まだまだやることありますね。
美味しい実が取れるように、頑張りますよ!<(`・ω・´)

# by crasher_gomes | 2022-05-15 13:55 | うちの園芸

子供の行動力

山梨の事故。
遂に発見になりそうな雰囲気ですね。
非常に残念な結果が待ってはいますが、未解決のままで両親が苦しみ続けるよりも、良い結果なのだと思います。

うちの上の子も近い歳になり、行動力が上がってきてヒヤヒヤさせられています。
少し慣れたところだと、一人で行けるという気持ちが強く出て、勝手に先に行ってしまい、慌てて追いかけることもしばしば。
下の子がいて早く行けない時なんか、こういうときに失踪事故が起きるんだよなぁ、と怖い思いに囚われます…(-_-;)

事故当初は、親が怪しいとか、近くに怪しい外国人がいたとか、散々書かれていたのを目にしてました。
書いていた当事者達は、適当に煽るためだったり、推測で面白い方に考えてみて書いたりしているだけだと思うのですが(与太話的に)、ネットに載るとそれは事実かのように捉えられてしまい、関係者に不要な心配をかけたり、希望をもたせたりしてしまうのだと思います。
何かを載せるということは、やっぱり慎重にならないといけないことだと、改めて感じさせられています。

今回の事故で、子供がどういう道を辿って、そこまで行ったのか、親として気になります。
小さな荒れた林道を行ったようだと言われてますが、遺体が発見されても、なぜそうなったかまでは、まだまだ分からないところなんだと思います。

子供は成長していきます。
まだ数年しか生きていない中で、考えながら生きています。
不十分な考えかもしれませんが、子供にしては精一杯考えています。
その考えることは大切なことですし、大きく間違わなければ、失敗を経験させることも必要なことだと思います。
信じ切るのではなく、守りすぎるのでもなく、あくまでも立ち木の側で見守る「親」であるようにしないといけませんね。
難しい課題ですが、肝に銘じていきます。

# by crasher_gomes | 2022-05-04 23:13 | ホボニチ

新規入会者増加中

最近、また体験者が増えてます。
毎週、体験者が来ている状態。。
しかも10~20代ではなく、30代が多いです。
youtube効果なんでしょうね。

真剣に躰道をみっちりやる人、と言うよりも、身体を鍛えたり、軸をしっかりとするために、という目的で躰道を始める人が多い気がします。
全ての人に門戸を開いているつもりではありますが、思い切りできないのはちょっと切ない…(-_-;)

とりあえず、子供も少し増えてきていて、指導をどうしようか、また悩ましいです。。
みんな進み具合が微妙に違っていますし、自分らの練習も削られていて、時間を分けていくか。
個別の指導が足らないので、級位の人達の上達が進んでいないのが心苦しい…
稽古メニューを見直して、全体練習を減らして、初心者への指導時間を増やしつつ、全体練習は子供達に指揮をとってもらって、初心者、子供達への指導が終わったら、級位の人への個別指導をしていく流れを、考えていく必要が高いですね。
そのためにも指導の時間をしっかりと守ること(非常に苦手事項…)を頑張らねば…(;´Д`)



# by crasher_gomes | 2022-05-03 18:48 | 躰道記

ぶどうの芽

ぶどうの芽_a0040879_17570297.jpg

ぶどうの芽はしっかりと伸びてきました!(≧▽≦)
元気に育ってくれてます!

ここからは樹形を整え、しっかりと実を付けられるように管理してかないとなりません。
とりあえず、芽かきをしました。
芽は、ちょっと押すと簡単に取れてしまいます。。
あまりに脆いので、注意が必要ですね(・・;)

1/4程度、小さな芽を取りましたが、もう少し経ったら、また芽かきして8本程度に枝を減らしていく予定です。
また副梢なども取っていく必要があるので、しっかり管理していくのがぶどうの大変なところですね(;・∀・)

ぶどうの芽_a0040879_18061569.jpg

枝の根元には虫の卵のような、真珠のような丸い粒がたくさん付いてます。
これ樹液が丸まって出来ているそうです。
不思議ですね〜( ゚д゚)

ぶどうの芽_a0040879_18081849.jpg

ちなみに、ぶどうの実のようなものも付いてました。
本当に実になるのでしょうか?
様子を見ていきたいですね。

# by crasher_gomes | 2022-04-17 17:56 | うちの園芸

完全試合

佐々木朗希投手、完全試合達成!!(;゚Д゚)

若干20歳ですよ。
槇原が昔やっていたのをTVで見てましたが、あれ以来って。。

これまでのピッチング見ていて、すんごい投手になってきたな、と思ってましたよ。
何よりもコントロールが素晴らしい。
ストレートがビシビシ決まるから、フォークが生きる。
見事なまでの投球をしていて、度肝の抜かれていましたが、まさかパーフェクトゲームとは…(◎_◎;)

彼は「令和の怪物」の異名をとってますが、その名の通りの活躍ですね。
「昭和の怪物」が江川、「平成の怪物」が松坂、そして「令和の怪物」が佐々木朗希。
確かに、間違いない評価です。
いや、彼ら以上のことをやってのけたわけですよ。
13者連続三振、19奪三振と尋常じゃない記録ですよ。
アウトの2/3を三振でのパーフェクトって。。
13者連続三振の時の野手ってどんな気持ちでいたんでしょうね( ゚ ρ ゚ )ボールコネーナー


彼は大船渡高時代に注目を上げてましたが、高校の監督も偉かったですね。
地方予選の決勝で、連投していた佐々木を登板回避し、結局敗退してしまいましたが、あの判断の素晴らしさがこの結果に繋がっていると思います。
今までの日本の野球は、甲子園というものが絶対で、それに対して死に物狂いで取り組むということを何十年としてきました。
そこで活躍し、プロに行くというプロセスがあったわけですが、その裏で故障で潰れていく選手がどれだけいたか。
松坂のような投手は本当に稀有の存在で、それでも30を越えてからは故障続きになっていた現実があります。
逆に甲子園に行けなくて、それでもプロで大活躍選手も実はかなりの数がいます。
落合、黒田、江夏、、、調べると結構な実力者が甲子園に行かずにも素晴らしい成績を残しています。
甲子園で活躍しても、その後大した成績を残さない選手も数多くいます。
高校生の頃の身体と、プロ入りして20代になってからの身体とは大きく違います。
10代後半の骨がまだ柔らかく柔軟性に富んでおり多少の無理も吸収できる身体から、20代は骨格が完成し筋肉の発達がしてくる身体になってきます。
10代の頃の身体の使い方のままプレーしていると、必ず壊れます。
高校時代が人生のベスト、と言うのはあり得ないことで、パフォーマンスは20代半ばが一番上がります。
しかし、甲子園を目標としていると、そこでベストを持ってきてしまうので、それを越える努力ができない。
身体が変わっても、高校時代の物を求めてしまうので、体の変化に気付かずパフォーマンスを上げられない。
藤浪や斎藤佑樹なんかが最もたるところですね。

大船渡高の監督は、佐々木はプロに行って活躍する、という道を見ていたため、決勝で登板回避ということをやってのけていました。
高校野球至上主義者からすると大馬鹿な采配なんでしょうけど、抗議の電話を高校に入れていた人達はこの完全試合を見てどう思ってるんでしょうね?

まだまだ体の線は出来上がってない、これから出来てくるのですが、故障には注意が必要です。
ピッチングフォームを見ていても、まだ肘に無理がかかってきそうに感じるので、疲れてくる後半戦は大事にしてもらいたいですね。
と思ったら、ロッテは1ヶ月間隔で休養をとらせていく、という話が出てました。
先進的な試みですね(*'▽')

# by crasher_gomes | 2022-04-14 10:19 | ホボニチ